【資産を作る】まずは種銭を稼がないと始まらない!

こんにちは、ジョージです。

 

当サイトでは、30代のサラリーマンとして、これからの人生をより豊かにしていくため、自分の力で道を拓いていく方法を探っていきます。

いろんな資産形成がありますが、まずは「100円投資」のような元手が少なくて済むもの、そして一般の株式を購入していくような元手も必要でかつリターンにも期待できるような投資にも挑戦していきたいと思っています。

 

「まずは、元手をどうやって作るか」

 

ここが第一関門であり、一番難しいところなのかもしれません。なにせ、僕たち既婚サラリーマンには、副業が禁止されていたり、会社では管理職だと時間の拘束、家庭でも子供の世話だったりと、元手となる種銭を稼ぐことがほんとにやりずらい。

そこで、時間がなくても、もしくはいつでも隙間時間にできる方法、「ビットコインFX」を紹介していきます。

これは僕が現在挑戦中で、まずは自分が苦労したり、勉強して得た知識を記事にしてく予定です。初心者の方は、まずは記事を読みながらイメージを膨らまし、「ビットコインFX」について興味を持ってみてください。

 

まずはじめに

  1. すべての投資は自己責任
  2. マイルールを決める
  3. 投資は「高い時に売り、安い時に買う」
  4. 投資のことわざに直すと「歓喜で売って、悲観で買う」
  5. FXは「損小利大」の精神が大切

上記の5つは、毎回投資の記事には固定で書き込んでおきます。

 

取引は24時間365日

ビットコインFXは、24時間365日で取引ができます。

つまりは、忙しくても自分の空き時間で取引をすることができます。

取引は、パソコンはもちろん、スマホでもできるので、極端な話「トイレやお風呂」でできる一人の時間を有効に使えます。

ただし、後述しますが、より勝率を上げるためにはできればパソコンを使って、大画面で取引をするのが望ましい。

 

基礎知識

ビットコインFXは、為替のFXとは別物なのですが、「テクニカル」と呼ばれる取引チャートを読む手法が使えます。

こういう「チャート」を見たことはありませんか?

このチャートに線を引いたり、三角を描いたり、これから価格はどう進んでいくのかを、できる限り推測していくのです。この作業はパソコンの方がやりやすいので、30分でもいいのでパソコンでチャートを眺められる時間があればベターです。

その手法は改めて記事にしていきます。

 

1万円チャレンジから

先ほど、ビットコインFXは24時間365日で取引が可能と説明しましたが、肝心な元手はいくらから始められるのか。

日本でビットコインFX取引ができる最大手は「ビットフライヤー」です。そのビットフライヤーでは、取引の最低価格が決められています。

最低取引枚数=0.01BTC(7/15時点では日本円で約7,300円)

ということなので、まずは1万円からチャレンジすることが、勉強にもなるし、生活に大きな影響も与えないし、理想の価格だと思います。

 

まとめ

僕はすでに2018年の3月ころからFXをやっています。

もちろん、簡単に稼げるものではないし、初めのころは大きく負けた日もありました。でも、次第にテクニカルや相場の雰囲気が肌で感じられるようになって、取引も安定してきました。

これから記事にしていくので、楽しみにしてほしいのですが、ビットコインは2018年にもう一度現物の価格が100万円を超え、同時にFXでも大きな波が訪れると予想しています。

その時に波に乗れるよう、今からチャレンジしておいて損はないと思うし、FXには「固いパターン」というのが存在するので、そのパターンが来るまで辛抱することが堅実です。

 

まずは、取引所への口座開設をしておくと、スムーズに始められます。(もちろん無料です)

🌟お好きなSNSでシェアお願いします🌟