夫婦間で「信頼」が一番危険なワケとは。

こんにちは、ジョージです。

 

ヤフーで「30代 夫婦」と検索すると、

お金」と「夫婦の営み」に関する記事が圧倒的に多い。

つまりは、この大きな2大ワードを早い段階でクリアしておけば、今後の夫婦生活は明るいと感じました。

 

お金で言うと、夫婦別々で管理するところが多く、これは共働きの増加の影響でしょうか。ただ、これはリスク管理上において、危険が潜んでいて、もっと言えば「夫婦の営み」にも繋がっていくことが分かります。

 

今日は、そんな30代夫婦の悩みについて考察していきましょう。

 

 

なぜお金の管理が別々だと危険なのか?

夫婦別々でお金の管理をしていると、お金に縛られなくて楽ですよね。

 

好きな趣味にお金が使えるし、独身時代の延長のように過ごせます。

 

そんな「夫婦別」のやり方で、お金の話が出てくるタイミングは 、

  • 家を買うとき
  • 子供の将来に備えるとき

この2つが30代夫婦に訪れる、初めてお金について具体的に話せる機会ではないでしょうか。

 

それまでは、どちらかと言うと自分たちの財布事情は隠してきたので、いざ家を買うときに「思っていたより相手の貯金額が少ない」といったトラブルも多いそうです。

相手の貯金額が少なかったら、あなたはどう感じるでしょうか?

 

信頼してたのに、ちょっとがっかり。

将来が急に不安になった。

 

などなど、自分勝手な意見がネット上でも多く見られます。

 

そもそも、夫婦でお金の管理を分けていても成り立つ理由は「信頼」という言葉に身をゆだねるからです。信頼って良い言葉ですが、このケースで使う信頼とは、

 

「相手のほうがお金の管理はしっかりしてるし。」

 

お互いが現状を知らずに、ただ責任を押し付けたいがために「信頼」という言葉で片付けていませんか?

 

「お金」は夫婦の営みにも直結する!?

 

なぜお金と夫婦の営みが関係あるのか。

  1. お金の話をする
  2. 具体的な対策を夫婦で考える
  3. 安心感が生まれる
  4. 本来の「信頼」を得る
  5. 相手を尊重できる

結局は、日常に潜む夫婦のすれ違いが原因だとすると、日常に潜む大きな悩みは「お金」なんですよね。

赤の他人が「好き」というだけで結婚をしても、生活が苦しければ続かない。明るい将来がお互いに共有できていなければ、すれ違いは絶対に生まれます。

 

夫婦別での生活は、「目先の不安を隠しているだけ」であり、夫婦としてあるべき会話や機会を逃していませんか?

 

できることから一つずつ。

もし、あなたの家庭が「お金」と「夫婦の営み」のどちらの悩みも抱えていたとしたら。

 

今やっている方法が間違っている

 

そう認めることも必要かもしれません。

 

これから何十年と夫婦で手を取り合って生きていくためにも、できることから一つずつやっていきましょう。

 

あなたにオススメの記事】

「お金が貯まらない」とつぶやく人ほど缶コーヒーをよく買っている。

🌟お好きなSNSでシェアお願いします🌟