マイホームは「負債」だと知ってから、僕が一生懸命働くことをやめた理由。

こんにちは、ジョージです。

 

30代になると周りには「マイホーム」を持つ世帯もグッと多くなります。

一軒家なのかマンションなのかは人それぞれで、どちらにしても俗にいう「35年ローン」をみんな銀行から借りるんです。

 

家賃で消費するなら資産にしたほうがいい

 

こんな言葉で親や周囲のマイホームを買った人達から教えられませんでしたか?

 

僕はずっと疑問に感じていました。家は「資産」なのか?

資産というのは「お金が入ってくるもの」で、負債とは「お金が出ていくもの」だと簿記の勉強でも習った。つまりは、その考えでいけばマイホームは「負債」じゃないか?

 

もし、あなたがマイホームを「資産」だと思って購入していたとしたら、これから待ち受ける過酷な人生に絶句するかもしれません。

 

今日はそんな記事となっています。

関連記事
【図解あり】気づいてよかった!貧乏人とお金に困らない人の違い。

 

「資産」と「負債」

もう一度、マイホームについての僕の価値観を話しておきます。

 

僕にとってのマイホームは「負債」です。それは、マイホームがお金を消費していくものだから。

 

確かに「住居」という形のあるものは手に入り、家族を幸せな気持ちにすることはできるかもしれません。そして、それこそが自分の幸せだと思う人もいるでしょう。

 

さぁ、あとは「35年ローン」をどうやって返済していくか。

ずっとお金を返済していくことは「資産」なんでしょうか?

 

「35年働く」or「早く死ぬ」の2択

ローンを借りて家を購入することは、ただ単にあなたが購入した家を担保に、銀行がお金を貸してくれているだけであって、返済できるまではいつ銀行に取られても文句は言えない状態です。

返済できた後は、家の「老朽化」が待っています。

建て直すのか、ボロボロになった家のままで過ごすのか。35年先にあなたには建て直す経済的な体力が残っていますか?会社員じゃない可能性が高いし、ローン返済と子育て、もしかしたら途中で病気にかかって高額な医療費を払っているかもしれない。

それでも家を購入したあなたは、その覚悟を持って決断をした。もしくは、生命保険を使って「死んで返済」するか。

 

「これって夢のマイホームなんでしょうか?」

 

ずっと僕は疑問でした。みんな安定した生活とか、節約してとか、大きなリスクはできるだけ背負わないようにしているのに、マイホームに限るとそのリミッターも外れてしまうのでしょうか。

明らかに自分の身の丈を超えた買い物に対して、銀行が超低金利で融資をしてくれるからといって、何の策も無い状態でマイホームを買うことは、本当に賢い選択なんでしょうか。

 

マイホームは「負債」だという理由

家を購入することは素敵なことです。

そこには家族への愛情とか、自分の城だったりとか、購入してから積み重なる家族とのたくさんの時間を家は与えてくれるでしょう。僕も親にそういう環境を与えてもらい、大きくしてもらいました。でも、

マイホームは「負債」だという事実に僕は向き合っていこうと決めました。

先ほども話したように、マイホームを購入することは身の丈以上のことで、ローンの返済以外のこともイメージしておく必要があります。

  • 天災による被害
  • 経年劣化による屋根、壁の修繕
  • 固定資産税について
  • 年金について
  • 家の価値

 

天災による被害

最近では西日本豪雨、そして大阪北部地震などによって、住む場所を追われた方もたくさんありました。

命だけでも救われればそれは喜ぶべきです。

 

ただし、そう思える状況に自分がいればいいのですが。もしかしたら「災害で命を落とせばよかった」なんて思う人も少なからずいるかもしれません。

家は壊れ、働く場所も失って、残ったのは家のローンだったとしたら、考えるだけで恐ろしい。今回の災害は、自分にも災害が降りかかる危険性があることを示してくれました。

 

経年劣化による屋根、壁の修繕

僕は昔、屋根と壁の住宅リフォーム営業をしていましたが、一軒家では約8年くらいが壁と屋根の塗装をするベストタイミングです。

家の壁には防水効果があって、それが少しずつ剥がれてきます。そうすると壁にヒビが入り、水が入り、木造なら中の木が濡れて膨張します。膨張すると壁を押し出してさらにヒビが大きくなる。

そういう経年劣化によるヒビが大きくなると、修繕したときに補修後が残って外観が悪くなります。だから、ヒビが大きくなる前に修繕することが大切なんです。

しかし、家を買って8年~10年というと、子供にお金がかかってくる時期と重なります。家の修繕は後に回され、そのあとに修繕して外観が悪くなるだけならいいのですが、木が濡れ続けると腐ります。その補修工事は塗装工事とは比べ物にならない金額になります。

 

固定資産税の負担

税金はいつでも僕たちを苦しめます。

 

サラリーマンなら給与が振り込まれた時点で、所得税・住民税・社会保険料などの税金が引かれています。家を買っても、毎年土地と家屋に対する「固定資産税」がかかります。

これはローン返済とは別にかかるものですよね?

減価償却によって建物自体にかかる固定資産税は目減りするものの、所有している限りはずっと払い続けなければいけません。そう、35年後にローンが返済できても、その時に会社員じゃなくても、税金を払い続けなければいけません。

払っていけるのでしょうか?

 

年金について

社会保険料にしても、僕たち国民は払い続けていますが、あと30年後に「年金」はもらえる状態なのでしょうか。

 

もしくは受給年齢が80歳くらいに引きあがっているなんてオチもあるかもしれません。60歳も過ぎてバリバリ働くことも良いかもしれませんが、それがお金のためであってほしくない。

年金はもらえないし、ローンはあるし、固定資産税も容赦なく払わなければいけない。

そんな僕たちサラリーマンの中で「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」が流行しているようです。ようは自分でかける年金で、掛け出すと60歳まで引き出せない仕組み。

また税額控除ができるので節税のメリットもあると、銀行や証券会社もこぞってサラリーマンに勧めています。

 

家の価値について

ローン返済の半ばで家を売却することになった場合、ローン返済後に売却する場合、どちらにしても家の価値が重要です。購入するときに「駅近だから将来は高く売れるはず」みたいな話をよく聞きます。

あなたはプロの不動産屋ですか?

これから人口減少が見えていて、新築マンションは供給過多になっている状態。土地や家屋の価値を見極めた上で購入しても、これから30年後なんて僕たち素人に読めるはずがありません。

 

つまりは、家の価値をアテにしては絶対にいけないということ。

 

家の価値をアテにしないということは、それは「負債」だと認識するに近い。将来どうなるか分からないものに、銀行からお金を借りて購入するわけだから、それは「負債」以外の何物でもありません。

 

まとめ「一生懸命働く」は罠

親やたくさんの大人たちが口を揃えて「一生懸命働け」と僕たちに教えてくれました。家族を守るために、ローンを返済するために、出世を目指し給与を上げることが一番の道だと。

もう一度言います。
家は「負債」だとしたら、給料を補填し続けるだけでは、一生かかっても家は「資産」にはなりません。

 

本当の資産を増やし、負債を減らすことを考えれば人生は大きく変わると僕は思っています。マイホームを手に入れた人も、これから購入を考えている方も、一度「資産を築くためにはどうすればいいか」を考えてみてください。

何に「一生懸命」になるかはこれからの人生に大きく影響してきます。

 

参考になる本

 あなたにオススメの記事

「お金が貯まらない」とつぶやく人ほど缶コーヒーをよく買っている。
夫婦間で「信頼」が一番危険なワケとは。

🌟お好きなSNSでシェアお願いします🌟