貯金は悪なのか?20年貯金して利息が2,000円という事実。

こんにちは、ジョージです。

 

こんなツイートを見つけました。

銀行に20年間預けていても利息2,000円て。。

こんな程度の利息なら、今の時代は銀行の使い方を「利便性」で選ばないとダメですね。

僕は家計のメインバンクを地方銀行にしているのですが、それは勤めている会社がそこをメインバンクにしているので、給与振込先になっているし変更しようがないんですが。

利息も微々たるものなのに、地方銀行のメリットなんて全くないんじゃないでしょうか。

しっかり手数料は取るし、その手数料をネタにクレカの発行を勧めてきたり、よっぽどネット銀行の方が時代のニーズにあってますよね。

関連記事
【じぶん銀行】一つは持っておきたいネット銀行の口座/お得に口座開設

 

貯金は何のためにしているのかを一度整理してみよう。

いざという時にお金に困らないために貯金している人がほとんどでしょうか。

 

あなたの貯金額のうち、絶対に動かないであろうお金はありませんか?

 

例えば貯金が200万円あったとして、そのうち30万円は絶対に動かないお金とします。要するに30万円を下回るような貯金額まで生活が貧窮することは、職がある今のところはないかな?ということです。

その30万を銀行に預けたら、冒頭のツイートの通りです。

では、30万円を貯金ではなく、運用に回せば2,000円以上の利益を生む可能性は高いでしょう。実際に運用するかしないかよりまず、「とりあえず貯金しよう」という考えを捨ててください。

日銀は物価を4%上昇を目指しているそうですが、物価が上がればイコール給与も上がるとは限らないし、増えない貯金だけあっても、生活は楽にならないし、物価の上昇が本当に起これば逆に苦しくなるでしょう。

国は助けてくれませんよ。

それと、2019年度から法律で「有給の取得を年最低5日以上とする」義務法案が実行されるそうですね。これはサラリーマンで、有給がなかなか取れなかった人からすると嬉しい話かもしれませんが、企業側の考えはどうなのでしょうか。

義務とされれば取らさなければいけませんが、その分人が休むことになるので、人を増やす企業も増えるでしょう。つまりは人件費が上がる。その状況で給料は顕著に上がっていくのでしょうか?

経営者によって考えは様々でしょうが、無い袖は振れないということもあるので、物価上昇、有給は増えるが給与は増えない、つまりは「休みはあってもお金がない」なんていう悲しい事態も想定できますよね。

 

20年で2,000円以上を運用で稼ぐことは簡単なのか?

ハッキリいって簡単だと思います。

オススメの投資(僕も運用しています)

どれもネットで登録ができ、楽天は名前の通り100円から投資ができ、ウェルスナビは10万円から、ソーシャルレンディングは1万円からの投資が可能です。

単純に30万円を分散しながら投資をしていけば、リスクの回避につながるし、20年という長期で考えなくても、元手が30万円もあれば1年で2,000円はクリアできると思います。

 

今すぐが理想、不安ならブログのブックマークをお願いします。

何事も早く始めれば、自分が目標とするところまで早くたどり着けます。

でも、やったことがないことは不安ですよね。損はしたくないし、結婚しているなら相手にも迷惑をかけたくないし。

だから、このブログでは現在進行形で様々な投資をしています。

できる限り多種多様な投資に挑戦をしたいと思っています。しかも、どれもド素人からの挑戦なので、失敗するところもお見せできると思います。

その中で、自分にあった投資は何か、もしくは僕が銀行預金以上のメリットを出せなかった場合は、引き続き銀行預金をする生き方をしてもらえればいいだけです。

ぜひ、おいしい部分だけを摘み取って、自分の資産へと変えていってもらえれば幸いです。

あなたに読んでほしい記事3選

【図解あり】気づいてよかった!貧乏人とお金に困らない人の違い。
マイホームは「負債」だと知ってから、僕が一生懸命働くことをやめた理由。
【資産状況】2018年8月20日週の資産運用による不労所得は▲746円でした。

🌟お好きなSNSでシェアお願いします🌟