【婚活】きょうと婚活応援センターとブログ 最終章

きょうと婚活応援センターブログ最終章

ぼくがブログを始めたのが昨年の5月。もうすぐ1年たつんだな〜と少し遠い昔を思い出すような気持ちに浸っていました。

また、興味があったら他の記事も見てやってください。

さて、みなさんにご報告があります。

道に迷いました。婚活という森で。

 

婚活を活かせないオレ

結論から言うと、3回目のご縁も無駄にしてしまいそうな状態です。

  • カップリング1回目、自分の気持ちと婚活とがまだ上手くリンクしていなかったのかな。
  • カップリング2回目、相手が1回目の自分と同じだったのかな。婚活を受け入れ始めた自分と相手との温度差を感じた。
  • カップリング3回目、慣れすぎた。そして、気持ちをどこかに置き忘れたような淡々とした日々。

だーっ!!!!!

完全に迷ってるじゃんおれっ!

結婚って落ち着くってこと?選ぶ相手も落ち着いた人がいいってこと?落ち着いていることが決して悪いって意味じゃなくて、でも婚活センターで出会う女性はみんな落ち着いた控えめで、優しそうで、、、わかんないや。。。

「見た目で選ばずに中身で、そして少しでも波長が合うのなら1度お話してみてください。人は話してみないとわからないですからね。」といろいろアドバイスをいただきます。

でも、イベントで話せる時間って10分です。

なんなら、イベント開始時に必ずある男女全員そろっての自己紹介。その時点ですでにどの人がタイプか決まっているわけで。あとはそのタイプの女性が自分と合うかどうかを確かめるだけ。

なんだ簡単じゃないかと思うかもしれませんが、1回のイベントでたった4〜7名の異性としか出会えません。その出会いの中で自分が好きになれる可能性を探すのです。

 

婚活イベントは情報が少なすぎる

そもそも結婚相談所のように高い登録料とか払っているわけじゃないので、相手の情報が事前にもらえたり、希望が言えたりするわけではないのです。

「◯◯歳〜◯◯歳の男女」という参加資格のみが情報としてもらえるすべてです。

要するにぶっつけ本番なわけです、何もかも。

きょうと婚活応援センターのイベントで気づかない間にはまってしまった深みがあります。それは「無料だから何も言えないモヤモヤ」という富士の樹海にもよく似た森。

もっと参加したい!自分はこっちの年齢制限の枠に参加したい!僕はこういう女性が好みなんだ!など、参加すればするほどたくさんの欲求が出てきます。

それは婚活に真剣だから出てくるものだと自分の中では捉えていますが、その欲求も「無料だから仕方がない」とフタをするのです。

ただの愚痴じゃないか!と思われるかもしれませんが、それがきょうと婚活応援センターの最大の欠点です。

 

婚活というマーケットが予想以上に大きい

きょうと婚活応援センターは「結婚を考えている男女」という大きなニーズを相手にしすぎているのです。

その最大のニーズに対して、イベントの回数を増やして、イベントの人数制限を引き上げ、マイページ機能の拡張を行ってきました。

しかし、マーケットがあまりにも大きく、そしてマーケティングが不十分だったため、センターだけではいくら人を増やそうとしても対応できないと思います。

そもそも、婚活マスター・マイページ機能をうまくまとめて、個人的に婚活者の好みや悩みなどを受け付ける機能がほとんどありません。

イベントの回数を増やすことは重要ですが、その先にある「結婚」までの道のりを早く確実に結びつけるほうが効率は上がりますし、そのためにはセミナーだけでは不十分だと思いました。

 

近日中に退会します。でも、収穫のほうが大きかった半年間

結局、自分の性格や人との関わり方を分析すると、婚活センターでのイベントは合わなかったんだと思う。

なので、退会を近日中にしに行きたいと思います。婚活のベテランを気取ってますが、結局3回しかイベントには参加できなかったけど、収穫したものはたくさんあった。

1回目、2回目でお世話になったマスターさん。すごく優しくて丁寧で、でも適度な距離感で接してくれて非常に心強かった。マスターさんがよければ退会したあともいろいろ相談したいと思える方でした。

もう一つは、自分がこういう婚活に対して適正があるかどうかがわかったこと。それと、これはつい最近あった出来事なんですが、このきょうと婚活応援センターをテーマにしたブログに対して反響がありました。婚活センターに興味を持ってくださり、さらにインスタグラム経由で直接そのことをメッセージくださった方がいました。

その方も婚活をしようと考えてはいたそうですが、婚活センターのような登録型のお見合いには抵抗があったようで、ブログを読んで「勇気が出なかったけど、行ってみようと思います」とメッセージをいただきました。ほんとうに嬉しかったです。

嬉しすぎて、友達になりましょう!ってメッセージしたら、返事はなかったのでちょっと失礼なことしてしまったかなと反省しました。(笑)

でも、本当にメッセージありがとうございました。1年間ブログをやってきて良かったと思えた瞬間でした。

 

まとめ

婚活はやめませんよっ!(笑)そこは勘違いしないでください。

きょうと婚活応援センターで経験したことを違う場所で実践するだけです。

京都という田舎でも、1000名を超える男女がセンターに登録をし、一生の伴侶と巡り合うことを期待してイベントに通う。

無料という敷居の低さと、政府が行っているという安心感がそれまでは積極的に婚活ができなかった控えめな男女にも希望の光を与えていることは間違いありません。実際に参加してみてもそう感じることができました。

本当に人と人とが出会うことは「一期一会」だと思う。

あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出せる最高の自分を相手に伝えよう。

ちょっとwikipediaから引用しましたが、そういう相手がみなさんにも、もちろん自分にも現れたらいいなと、そう願いながらこの「きょうと婚活応援センター」をテーマにしたブログは終了させていただきます。

引き続き、ぼくが今後どう結婚相手を見つけていくのかは見守っていてください。

🌟お好きなSNSでシェアお願いします🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です