【婚活】これで最後にします。きょうと婚活応援センター3回目の決意。

婚活イベント3回目

春の桜も散り、これから夏へと向かう中で、自分自信の婚活も少し違う方向へ進んでいかなければいけない時期へきました。

きょうと婚活応援センターには、開設直後から本登録をし、4月9日のイベントを含めると全部で3回の婚活を行ってきました。

イベントの結果としては、2回のうちどちらともマッチングをすることができましたが、自分の価値観の狭さなのか、ただ見る目がないだけなのか、進展という進展には至っていない。そして、3回目。

今回は一度立ち止まって、自分の婚活がほんとうに幸せに向かって進んでいるのかを改めて考えてみました。

 

いつまでも続けられない婚活

結果から言うと、3回目のイベントでもマッチングできました。

しかし、これが最後だと決意もしました。

もちろん、その決意は「この人が最後の人でありますように」という願いが強いです。

またそれとは別に「もし、今回も良い方向に進展をしなければ、婚活センターでの婚活は今後行わない」という決意も含まれています。

理由は「申し訳ない」という気持ちになるからです。

そんな立場じゃないくせに!もっと貪欲に人のことなんか構わず自分の幸せのために頑張れよ!とも思いましたが、3回のイベントで3回マッチングをして、3回実らなかったら。

自分には向いていないというか、自分でも「結婚したくないんじゃないか」と疑ってしまう。そういう気持ちで4回目に運命の人に出会えた!なんて、都合のいいイメージが浮かびません。

 

そりゃそうなるか。

きょうと婚活応援センターで婚活を自粛しようと考えたのには、もう一つの理由があります。

イベントでマッチングをすると、必ず婚活マスターさんから相手の連絡先を伝えるために電話がかかってきます。

そのときに婚活センターから確認してほしいと頼まれた質問があったようで、マスターさんから「ブログをされていますか?されているのは構いませんが、ネガティブな内容はお控えください」と告げられました。

もちろん、自分がブログに婚活の記事を載せる意味合いは「これからきょうと婚活応援センターを利用しようと考えている方に、少しでも前向きになれるような記事を書きたい」と思っています。実体験が何よりの情報だと思うので、できる限りそのままの思いであったり、内容を記事にしました。

もしかしたら、その内容がネガティブだと判断されたのかもしれませんね。

ただ、ブログのネタ作りにイベントに参加しているのではないかと思われても仕方がないくらいの時期にはきているのかな?と感じました。

その後に続けて言われたのが「前向きに結婚を考えてらっしゃいますか?」と念を押されました。

3回のイベントで、気に入った相手の番号を最後に書く際、複数の番号を書いてもいいですよ!と説明を受けましたが、全て1つしか番号を書いていません。

それは、マッチングをゴールとは考えていないですし、いつも真剣に自分と向き合いながら一人の方を探していました。

2回目のときは、気になった人が一人いましたが、どうしてもそのイベント中には答えが出せず、マスターさんに「少し考えてもいいですか?」と答えをイベント後に出したこともありました。

いつも前向きに結婚したいと思っていますが、それ故に実際にデートしてみて「この人じゃない」って感じたり、デートに至るまでにそう思ってしまったり、それはそれでかなり苦しみました。

だって、相手がいることですから。だからこそ、今回で婚活センターでの婚活は終わりにしようと思いました。

 

正直、不安。3回目に期待がもてない。

今回マッチングした方とは、今までを踏まえて「あまり結婚を意識せず、ゆっくりとお話ができれば」という気持ちに今は落ち着いています。

でも、それが正しいことなのかも分からない。相手からすると「そんな気持ちで近づいてほしくない」と思われるかもしれない。

なんか、婚活ってツライですね。

それでも、人と出会うことは本当に素晴らしいこと。3回目のイベントでも「こういう場で知り合っていなかったら、もっとお話したかったな」という女性はいました。

その方達と同じで、マッチングができた今回の女性とも、まずはその感じたフィーリングを大切にして、少しずつ価値観を深めていけたらと思います。

きょうと婚活応援センターの記事は、この記事が最後になるか、発展があればもう少し続くか。どちらにしても、これから利用される方へ参考になっていればいいなと、心から願っています。

🌟お好きなSNSでシェアお願いします🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です