Youtubeで一攫千金したら、生活が一変するか。

youtubeで確定申告

どーも、ジョージ(@George3cube)です。

前回、Youtubeの魅力について紹介しましたが、今回はYoutubeで収益を得た場合について紹介します。

たとえば1ヶ月に5万円とか、もっとそれ以上に稼いでしまった場合に想定される事態について考えていきたいと思います。

前回の記事

「もし、けっこう稼いじゃったら、今働いている会社にはどうなるの?クビ?」

今や暇だったらYoutubeを観るっていう人がかなり増えています。

観る側は無料なので、毎日たくさんアップされる世界中の動画を何気なくあなたも観ていませんか?

でも、アップする側に立つと、そんな気楽なもんじゃありません。

だって、再生回数によって収益が上がるんですから!

Youtubeって、動画に広告が添えられて、その広告からの収益がYoutuberに流れるわけですが、1回再生されて得られる単価っていうのが一応あります。

これは投稿している動画のジャンルや、広告主の入札によって変動するようですが、平均で0.1円。現在のボクの動画で1回再生されると0.25円くらいの単価です。

ですが、何回再生されるかわからないことが最大の魅力です!

小売で考えると、在庫を持っていて、それをお店に納めて売れたものが利益となりますが、それは在庫数=利益の最大値なわけです。

でも、Youtubeという「動画」に在庫数はありません。そして、腐ることもありません。

いきなり100万回再生されるかもしれない可能性は十分にあるのです。

100万回を0.25円でかけると、25万円の収益になります。

Youtubeで20万円以上稼いだら確定申告を行わなければいけません。

今まで、のほほんと本業であるサラリーマンをしていて、ちょっとYoutubeに動画をアップしてみようかと軽い気持ちでやった結果、いきなり25万をゲットしたものの、普段やらない確定申告をすることになるのです。

本業と副業について

僕の職業はサラリーマンです。

それが本業だし、Youtubeで20万円以上も稼いだら立派な副業ですよね?

副業でもなんでも本業以外で収益をあげると、国にはちゃんと税金を納めなければいけません。その税金の一つ、住民税は勤めている会社に通知されます。(特別徴収の場合)

毎年、住んでいる都道府県から住民税が働いている会社に通知されますが、所得によって住民税も計算されます。今回の場合、副業でそれなりの収益を得たら、本業で得た所得では考えられない住民税が明細に載ることになります。

会社側もどうゆうことか事情を聞く可能性が出てくるわけです。

ただ、世の中にはいろんな収入源があります。

株やギャンブルも課税対象ですし、親から受け継いだ不動産も賃貸などにしていれば収入源となります。それ以外にもメルカリのようなフリマサイトで自分の物を売買して得たお金も収入です。

副業っていうカテゴリは非常に幅が広いのです。

優先順位をしっかり決めて稼ごう

もし、あなたが本業を辞めて、副業を本業として頑張りたいのであれば、どういう行動をとってもらっても自己責任と片付けられます。

でも、本業も続けて行くのであれば、やはり「本業に支障がでない程度に」というボーダーラインは社会人としては守って行きたいですね。

楽しく、そして前向きに人生を生きていきましょう。

確定申告や副業の経費について詳しくは下記が参考になります。

🌟お好きなSNSでシェアお願いします🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です