【初心者向け】ブログの基礎「ペルソナ」を学んでみよう

こんにちは、ジョージ(@George3cube)です。

今日は自分が書いているブログについて学びの時間です。

まず、ブログを書くにあたって必要なことはたくさんありますが、その中で「ペルソナ」について考えなければ良いブログは作れないとされています。

じゃあ、ペルソナってなんなの?

僕自身も昨日までふんわりとしか知らなかったし、重要性については全く意識していませんでした。

今からでもその「ペルソナ」を設定することでブログの価値をあげれるので、当ブログのペルソナを紹介していきたいと思います。

 

ペルソナはマーケティング用語

ペルソナとは
氏名、年齢、性別、居住地、職業、勤務先、年収、家族構成といった定量的なデータだけではなく、その人の生い立ちから現在までの様子、身体的特徴、性格的特徴、人生のゴール、ライフスタイル、価値観、趣味嗜好、消費行動や情報収集行動などの定性的データを含めて、あたかも実在するかのような人物像を設定するが、更にイメージを明確にするために顔写真などが用いられる場合もある。
引用:http://smmlab.jp/?p=20107

なんか今まで存在すら知らなかった人からすると、上記の内容はすんなり飲み込めないですよね。

ブログって「誰かに読んでほしい!」という気持ちをもってライティングします。その「誰か」を細かく設定する作業が「ペルソナ」です。

商品開発をしている人は、まずターゲットを決めると思いますが、それでも「年齢」「性別」「生活スタイル」の3つくらいしか想定しないのではないでしょうか。

ここでいうペルソナは、「どんな性格をしていて、どんな悩みを抱えていて、これからどうしていきたいのか」という部分まで想像できれば良しとされています。

自分ができることを確認する

ペルソナを設定するには、細部まで想像することが大切と話しましたが、その前提には「自分には何ができるのか」を考えなければいけません。

だって、自分は30代でサラリーマンをしているのにペルソナを「4月から高校生になる10代の女性」をターゲットに設定してペルソナを作っても効果がでるとは思えません。

自分がブログで発信できる内容ってどんなことがあるのかをしっかり踏まえた上でのペルソナ設定が大事です。

 

実際にペルソナを設定してみた

簡単なのは自分のプロフィールを参考にすることです。

読者は検索サイトから自分のブログへ飛んできてくれたとしても、記事を一旦読んで「あ〜おもしろかった!」と感じたら、次は「作者ってどんな人だろう?」と興味が湧きます。

その時にプロフィールが読まれます。

「記事の内容=プロフィールの内容」が一致しないと読者から得た共感は下がります。

僕は33歳の独身男性、サラリーマンで年収も平均的、ガジェットと海外旅行が趣味で、まだまだ人生に青春を感じている精神年齢低めな人間です。

ブログを見てほしい人は、「同年代もしくは20代後半の男性、既婚・独身は問わず、収入をあげて好きな趣味に妥協をしない生活を目指す人、男としての威厳を確立したい人、新しい物好きでアンテナを張り巡らせている人」などです。

もっと詳しく言えば、

30代は忙しい。20代はがむしゃらに頑張ればよかったけど、30代はそうはいかない。会社での立ち位置も変わるし、プライベートだって変わる。結婚して子供もできたし、妻からの希望もあってマイホームを購入したりした。35年ローン。いくら役職がついたからって年収がサラリーマンの平均か、それよりもちょっと下が現状。その財政面から考えると、妻を扶養内でパートをさせ、将来的に2人目の子供って考えるとしわ寄せは自分のお小遣いにくる。小遣いは毎月1万円でもちろん昼食費は含まれないが、会社で天引きされる毎日それほど変化がない配達弁当の日々。幸い今勤めている会社は飲み会が少なく、タバコも吸っていないから毎日の缶コーヒーくらいがお金の使い道。家に帰れば可愛い我が子は待っているが、「毎日同じことの繰り返し」という日常への不満もなくはない。これが35年続くかと思うとまともに立ってられないので、とりあえず目を伏せて仕事に集中して忘れるようにしています。

このペルソナをもとに、もっと希望や脱出する方法を提案していくのがブログのテーマです。

 

ペルソナがいくつも思い浮かんだ時

自分ができることについて考えたとき、あまりリンクしないキーワードもあると思います。

例えば「サッカー」と「ゴルフ」のどちらの記事も書けたとします。その場合、無理やりこじ付けると「サッカーを大学までやっていたが、社会人でゴルフを覚えることが必要となったのでやってみたらハマってしまった20代後半の男性」のようなペルソナも書けます。でも、あまりニーズ自体がなさそうというか、それなら単体でペルソナを設定して、別ブログとして運営したほうがファンはつきやすいと思います。

ペルソナを限定的にすると「あまり読まれないんじゃないか」と不安になりますが、それは反対でペルソナは限定的にすればするほど「ファンが付いてくれる」とプロブロガーのやぎぺーさん(@yagijimpei)も言っています。

 

まとめ

ブログってどうしても相手が見えないので、誰に対して書いていくかを見失いがちです。

ペルソナを設定することによってより具体性が増すので、「身近なあの人」という感じで知ってる人を想像してみるのも効果的だと思います。

そして最後に、ペルソナはずっと固定ではないということも覚えておきましょう。

自分の年齢が上がったり、住んでる場所や環境が変わったり、結婚するなどの変化に沿って書きたい内容や目的も変わるはずなので、当ブログでも定期的にペルソナの確認はしていきたいと思います。

それではっ!

 

🌟お好きなSNSでシェアお願いします🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です