【プロデュース】ぼくの嫁がブログはじめたので紹介します!

こんにちは、ジョージです。

 

最近の我が家での大ニュースは「嫁がブログをはじめたこと」です。

 

僕は嫁と出会ってからすぐに、嫁はブログに向いているし、発信するだけの価値があると感じていました。その見込み通り、嫁の雰囲気をうまく文章にのせた良いブログになってきました。

ブログのノウハウや文章の書き方は僕がプロデュースしながら、ある意味夫婦合作のようなブログを書いています。嫁のマジメな性格とか、お菓子作りや毎日のお弁当、そして病気のことなどを赤裸々に綴っています。

よければブックマークをお願いします。

 

嫁がブログを始めたきっかけ

僕の嫁はある持病を持っています。

 

難病指定のベーチェット病という病気で、膠原病(こうげんびょう)の一つだそうです。
交際する前に嫁は僕にこう告げました。

 

「私はベーチェット病という病気にかかっていて、一生治りません。うまく向き合っていくしかない病気です。それでも良ければ、私でお願いします。」

 

結婚を考えて嫁に交際を申し込んだし、簡単に受け入れていいのかも分からない問題だったから、1か月くらい悩みました。でも、僕が出した答えは、

 

考えても分からないや。

 

結局、その病気のことを聞いても嫁のことを諦めようとは思わなかったし、例え今が健康な人だっていつかは病気にかかるかもしれないので、答えなんてきっと出せないと思ったのです。

 

そんなこんなで、嫁と交際しだして3か月くらいたったとき、僕は嫁に提案をしました。

「ブログを書いてみない?きっといろんなことが上手くいくと思うよ!」

答えはノーでした。

 

付き合ってから、よく嫁に感じてたことは「自分の意志を相手に伝えない弱さ」があって、それは病気が発症してからいろんな人に迷惑をかけたと思っているからでしょう。

自分は本当にたくさんの人に支えられ、迷惑をかけたから、「自分なんかが、、、」という考えがしみ込んでしまったのかなって。

 

嫁は、製菓学校を卒業し、就職が内定した直後に病気が発症。
内定が取り消され、いろいろあっての今は自営業で田舎娘の菓子工房MUWを運営しています。

それでも、嫁1人がやる商売では月の売り上げにも限界があります。

 

勝手な僕の想像ですが、嫁だって病気がなければ普通に就職して、毎月固定のお給料をもらい、ボーナス月には自分にご褒美なんか買ったりして、普通の会社員をしていたんじゃないかなって。

周りの友達はその普通ができているし、病気や将来のことにそこまで悩まなくても嫁よりも高い給料が毎月受け取れる。

 

それって、僕が嫁の立場なら、「自分の価値」に対して自信が持てない気がしたんです。

 

僕は自分の収入に自信が持てなくて、やりたいことも一杯あるのに叶えられない自分に苦しみました。そんな状況を変えたくてブログを始めたのです。

だから、嫁にも自分の体を労りながら、そして自分の経験を誰かの役にたててもらい、周りの友達に引け目を感じない人生が歩めるようにとブログを勧めたのでした。

結局はそれから1年という時間がかかって、嫁の中でブログを書くという価値が芽生えたのでした。

 

嫁の価値は無限大

僕は嫁に対してすごく可能性を感じています。

  • プロのお菓子職人として頑張っている。
  • ベーチェット病と闘っている。
  • 幼児食アドバイザーの資格を持っている。

 

プロのお菓子職人

サラリーマンの僕と違って、専門性をしっかり持っていることは大きな武器です。

実際に商品も生み出しているし、発信することで単純に売り上げアップも狙えますよね。

病気という「痛み」も強みに変わる

ベーチェット病で苦しい時期を過ごし、今も病気と向き合いながら生活する経験も世の中に貢献できるんです。

発症したばかりの方にとっては、嫁が実際に経験してきた情報がどれだけ救いになることかは計り知れません。人にとってネガティブに感じる部分は、ポジティブに変換することができます。

進行形の自分も人のためになる

幼児食アドバイザーっていうのも魅力の一つ。

ブログとかって、今まで経験したことが成熟したら発信するって思われがちですが、別に成熟した情報じゃなくても本来「ブログ=日記」なので、進行形で読者と対話することも一つの形です。

調理師の免許、プロの焼き菓子職人、新婚という立場、これから子供ができれば自分も経験していく「幼児との向き合う時間」など、たくさんの人を勇気づけられると思います。

【まとめ】毎日楽しく続けること

夫婦になって、毎日会話を重ねながらお互いの意思を分かりあっていく。

その一つがブログなんですよね。

無理やりはしてほしくないし、嫁が自分にも誰かを元気にすることができるんだって、そう思って毎日ブログを更新してくれることが何よりの僕の幸せです。

🌟お好きなSNSでシェアお願いします🌟